飲む日焼け止めの特徴やおすすめポイントなどご紹介します!

敏感肌の人がウォータープルーフの塗る日焼け止めを使うと、かぶれを起こしてしまうケースが少なくありません。なぜなら、強い日焼け止めほど溶剤としてエタノールが使われているので、アルコールに対して敏感な人は皮膚表面に炎症を起こすことがあるからです。

化粧品として販売されているSPFが30程度で保湿成分が豊富に含まれた日焼け止めならば、ある程度敏感肌な人でも対応出来ますが、使い始めはパッチテストを行なってから利用するほど慎重な対応が求められます。

敏感肌や皮膚が弱いと自覚している人は、飲む日焼け止めを併用することで塗る日焼け止めの使用回数を最小限に抑えられます。室内にいる間は過敏反応を示さなくても、紫外線を浴びた時のみ皮膚がカブれる症状やかゆみを伴うならば、塗る日焼け止めを変えて飲む日焼け止めで対処すると良いです。

こまめに塗ることが難しい時に助かる

飲む日焼け止めの最大のメリットは、1度服用しておけば効果が持続しやすいことにあります。服用してから効き目が出てくるまではタイムラグがありますが、飲む日焼け止めは肌ダメージ軽減と修復を中心に考えられているので、日中の日差しが強い時だけ塗る日焼け止めを併用するといった方法が望ましいです。室内を移動している時間が長い間は、日焼け止めを重ね塗りすることなく体内の抗酸化作用を利用して肌に負担をかけない方法を採用すべきです。

全ての紫外線を完璧に遮断することは、体内でプロビタミンDからビタミンDを生成する時に多少紫外線を浴びる必要があるので、やりすぎは禁物となります。ポイントは、過度に紫外線を浴びすぎないようにすることが、シミやシワを予防するために有効だという点です。

飲む日焼け止めは続けて服用することで、体内の抗酸化力を高めることに繋がるので、細胞レベルで老化を抑止する狙いがあります。シミやシワは、長年の蓄積により表皮に出てくるので、日頃から紫外線対策として飲む日焼け止めを活用しておくと良いです。

日本製の飲む日焼け止めはニュートロックスサン配合

飲む日焼け止めは、抗酸化作用が強い成分を服用することで、細胞レベルでの抗酸化力をつける狙いがあります。海外製と日本製で成分に違いがある理由として、抗酸化作用がある成分は、薬事法により処方箋が必要な成分が一部あるからです。日本製の飲む日焼け止めで主に使われているのは、ニュートロックスサンと呼ばれるシトラスとローズマリーから抽出した天然ポリフェノールとなっています。

加えてトマトにも含まれるリコピンを一緒に配合することで、複数のポリフェノールによる抗酸化作用を期待出来るわけです。飲む日焼け止めは、抗酸化物質の血中濃度が一定水準を下回らないように、続けて飲むことでサプリメントでありながら紫外線により受けたダメージを修復する手助けを行います。夜寝ている間に、前日浴びた紫外線の一部を無かったことにするよう抗酸化力を発揮します。

海外製はFernBlockが主成分

海外製の飲む日焼け止めには、中央アメリカのシダ植物から抽出したFernBlockを主成分とした製品が多いです。海外では広く使われていて有名な成分ですが、日本国内では処方箋が必要な成分となるので、病院で処方を受けるか海外から個人輸入を行う必要があります。

紫外線にはシミやシワの原因をもたらしやすいA波とメラニン色素生成を促すB波がありますが、塗る日焼け止めでは効果がPAで表されるA波に対してFernBlockは有効とされています。

皮膚の表面にダメージを与える紫外線B波を塗る日焼け止めで対策し、真皮にまで入り込む紫外線A波をFernBlockでダメージ軽減を行うわけです。海外製の飲む日焼け止めを使う際には、日本製とは異なり添加物として何が含まれているのか慎重に検討すると良いです。

日本製の飲む日焼け止めには、無添加をウリにしている製品も多いので、どのタイプの製品を利用するかじっくり成分を比較して選べば、身体の内側から紫外線対策が出来ます。

おすすめ外部リンク集

出会い系サイトランキング